Q&A

Q) 一回のレッスンでピアノ・楽譜・聴音指導をするとのことですが、レッスン時間が必要なのですか?

A) 子どもの短い集中時間に、手際よく指導することが肝要です。  初歩では10分、15分の子どももいますが、徐々に慣れて30分位のレッスンができるようになります。

 

Q) 小学生高学年になると、塾や部活で辞めていく生徒が多いのですが・・・続けて欲しいと思うのです。

A) 本時間がないからというのが本当の理由でしょうか。 練習をしなければ続けられないレッスンだったのではありませんか。 また、楽譜が自力で読めないために音が“苦”になってはいなかったでしょうか。 このシステムで育っている子どもたちは、試験中でも自力で楽譜をなんの苦もなく読んで楽に弾けるため、休むことなくレッスンを続けています。

 

Q) つっかえ弾きの多い生徒をどのようにしどうしたら良いですか?

A) その子どもの読める速さでゆっくり弾くことです。 「1曲1回弾き」で終わりまで弾き通します。 正しいことの積み重ねです。