STUFF BLOG

水戸研究会 2020年9月定例会

テーマ  テキストP.79  に入る時 バイエル53番にスムーズに入り方(大譜表に)

 

開催日   2020年9月18日

出 席   7名

場 所   ぴっぴカルチャー教室

司 会   井澤満代

 

 

の19個の音 下のG 1つ学んだところから 7人分の楽譜作りをした。

の音をみて弾く  の音1つ覚えたらすぐ弾ける曲をわたす。

 

ピアノ小曲集 Ⅰ(田丸信明)

バイエルの進み方になっている田丸信明のピアノ小曲集を基に皆で見ていった。

ピアノドリームシリーズ  ピアノレパートリーシリーズ

音を1つ1つふやしていく過程で曲が弾けるように意欲を持って曲に取り組めるように教材研究をした。

 

音の指導

 はここを弾くよ と パッとその音をさして指導する。

 

写 譜 

写譜について(リズム書きとりから発展する)

 

リズム書きとり

音名〇書きが進み 入るまで② リズム指導をしたころから写譜へ導いていく。

 

音符の長さを把握

音符の長さを把握。

終わっている曲を書いていく。

最初は全部書いて指導していく。習慣づくまで見ててあげる。

写譜したら弾くように指導する。

写譜してきたら弾いてあげる。

続けていく中3  ブルグミュラーまで書いている。

 

家での練習

むづかしいことではなく出来る曲を練習するように。

 

曲想のつけ方

今日弾く曲を 数える、読む →いつまで言うのか

しっかり楽譜が読めたら →心の中で読む

表現するには聴いて弾くことが大切 大事

 

 

質問に答えて アドバイスのあれこれ

バイエルに沿っている曲集

バイエルの後半 →ピアノドリーム7,8(新しく出版)

ソナチネまでも弾ける

№73 →バイエルはレパートリーに多くある。

 

1人の先生が総合的に見る

聴音、書きとり、自由弾き、写譜、先生からのリクエスト

すべて1人の先生が見る

読む力をつけて聴かせてもらう 耳から音楽ははいってくる

 

自由弾きの楽しさ に入る方法として

Cdurで弾ける小犬のマーチを Gから Fから弾いて楽しむ。

他にかえるのうたなど弾けるようになった曲をたのしむ

 

レッスンノート 親からのインカンなど

親がインカンを押してくれたら、かならず返事を書く。

お月謝をいただいたら、……月分いただきました。ありがとうございますと返事を書く。 大切

 

 

 

 

 

 

 

 

水戸研究会 2020年7月定例会

テーマ  酒田先生の指導を受けてー 講師:南波久代

開催日  2020年7月17日

出席

場所   ピッピ

司会    井澤満代

 

 

音感研究会で学ぶ時のテキスト「幼児の音感教育」は昭和34年 南波久代さんが、水戸にあった、茨城保育専門学校で、酒田冨治先生の授業を受けた時にはまだ、書かれていませんでした。

今日の講師 南波久代さんはその時の様子を振り返ってお話しくださいました。

 

酒田先生の授業は月に1回、朝8時から夕方まで「合唱と合奏」一日中音楽でした。

保育音楽を学ぶ者にとっては、和音の美しさ、楽しさ、曲のひろがりなど、即実践指導の1日は思い出しても楽しいものでした。

卒業後茨城県立茨城学園「児童福祉施設教護院」平成10年児童福祉法改正に伴い教護院を児童自立支援施設と改称 に夫婦で勤めることになりました。

音符は世界共通です。その約束に従って、自分の心を込めて演奏するということは、非行少年少女達にとっては、世の中の約束「正しい行動を取ること」と自分の心を合わせることと同じことだと教え諭すことになると信じ、演奏してきました。

演奏してきた曲はいまでも、きっと、どこかで、ふと、流れているかも?

=南波久代記=

 

また、音楽を指導するのは、人とあわせていく、自分以外のものを、受け入れることも必要です。

こんな言葉を私たちにいただきました。

人の心は暖かくもなれば冷たくもなる、手にとってその暖かみ冷たさを測るわけにはいかないが、温度計で測る以上の正確さで人から人へと伝わってゆく、その伝わり方は口先だけでもなければ、ジェスチャーでもない、心と心の直のふれあいであるそこにはジーンと胸にひびく感動と互いに慕いよる情感と  雑誌PHP

 

南波久代さんは、音楽を通して指導する私たちにはげましの言葉そして、家庭と両立させるためには、針と糸の気持ちが大切!

針と糸 の話しをいただきました。

 

みなさんの感想としては

♪ 改めて酒田音感教育の素晴らしさを実感すると共に自信を持って指導して行こうとおもいました。針と糸の話、感動でした。

 

♪ 私達も80歳になっても研究会で頑張れるように目標を持ちましょうね。 ひとりひとりの大切な生徒さんの成長の為に

 

などなど感想をいただきました。大変刺激があり実りのある時間でした。

(コロナ渦のなか、ソーシャルディスタンスを取りながらの熱心な研究会)

 

水戸研究会 2020年6月定例会

テーマ  教材研究

開催日  2020年6月19日

出席   4名  (見学 1名)

場所   ぴっぴ

 

教材研究  低音部記号に入る時の教材研究

 

ピアノ指導で大譜表「ニューバイエル3rd」№53に入る時

○ 書きが高音部記号24コが終わっていない生徒に対する対応!

 

○ 「こどものピアノ曲集2」と同じレベルの教材として

田丸信昭著「小学生のためのピアノ曲集上」を使ってみてはどうか

この曲は、低音部記号 下のゲ、下のツェ、下のエの順に左手の音が増えていく。

従って低音部記号のかきの音の増え方をそのようにして早く大譜表に進んではどうか。

 

○ また、「小学生のためのピアノ曲集上」の低音部記号の音の増え方に沿って

「ピアノトレイン5th」」を先生方皆で手分けして大譜表の楽譜として写譜し、

持ち寄ることをしてみようと決めた。

 

現代の子ども達に合う併用曲集を作ってみる事も、チャレンジしても良いのではないか。

 

 

 

 

 

 

水戸研究会 2020年2月定例会

テーマ 調子記号の指導

開催日 2020年2月21日

出席  5名

会場  ぴっぴ

 

 

ドゥアの調号指導

 

ドゥアのカデンツⅠを基本位置で弾き、子どもは調子名を答えた後

和音名を1つ1つはっきり言いながら書きます。

 

②フィスの音が必ずあることを、書く作業を通して確認させる。

 

③ 高音部記号、低音部記号のゲドゥアの調子記号の書き方を指導をする。

 

④調子記号の書き方がわかったら、調号をつけてドゥアⅠのカデンツを

教師のピアノを聞きながら和音名を1つ1つ言いながら書きます。

 

⑤「調子記号をつけて」「調子記号なしで」とか指示して、どちらでも

確実に、楽に書けるように指導します。

 

ドゥア、ドゥアも 系調子も同様に。

◎長調カデンツⅢ、短調カデンツⅠ、Ⅱ、Ⅲも指導する。

 

 

 

水戸研究会は次回6月開催予定

ピアノ教室の皆さま

コロナウイルスの為、ピアノ教室も先生方の生活も自粛を余儀なくされていることと存じます。

子ども達、家族、ご自身の命を守るため、私たちに出来る最善でこの期を乗り切って参りましょう。

 

毎月開催されていた「水戸研究会」も暫く延期になっています。

次回は6月に川又裕子先生の司会で開催を予定しています。

 

一日も早いコロナウイルスの終息を願っております。

 

音感メソー研究会一同

2019年9月定例会

テーマ   リズム指導  左手で弾く

開催日   2019年9月21日

出 席   6名

 

 

リズム指導   テキストP.63~

○四分休符の指導  トレイン2 P.48の実演

手をあげることを身につける

○トレイン② 終わったらバイエル1、トレイン③

・バイエル1 №12までは家庭学習にして進めるとよい

○混合リズム

音名リズム読みをしっかりして弾く

(指番号はまだ一本指でもよい)

 

左手で弾く

○左手指番号を覚える

右手と合わせる(机上で)

トレイン④しっかりやってからニューバイエル1 P.32に入るとよい

 

○指の体操  自由弾きで左手の練習をたくさんやるとよい

生徒が家でも練習するためには先生の工夫が大事! 

シールとかごほうび、ことばかけ

 

2019年6月定例会

テーマ  導入期指導法

開催日   2019年6月15日

出 席   6名

 

1.幼児の学習意欲と特長

・成長しようとする意欲が盛ん。

・遊戯化したり、作業化したりしていろいろな感覚を通して具体的に体験させる

 

2.音名指導

・ゆびあそび  トレイン1 P.6

・「D」の指導

ゆびあそび、五指図の五線でおはじき、

クレヨンでΟかき、トレインP.7,9,10,11

ピアノ遊び         P.8、12,13

「黒鍵2つの間の白ちゃん」

 

・「E」、「C 」 同様に指導

2019年4月定例会

テーマ   総論  テキストP.12~P.32

開催日   2019年4月20日

出 席   6名

 

総論  第一章

A. 絶対音感

1.新しい型の耳

2.絶対音感の定義

3.絶対音感の優秀性

4.絶対音感の教育可能性

会員で教科書を読みながら進めました。

       重要性を皆で感じレッスンにおける進め方を話しました

 

B.音楽教育と耳

 

 

C.絶対音感を基調とした音楽教育

1.新しい音楽教育法

2.特徴

3.対象

4.狙い処

5.教育体系

6.幼児の心理的扱い

 体験談を話しながら、大切さを痛感しました。

2019年5月定例会

テーマ   P.76~84    バイエル併用曲集  暗譜   ポジション移動 数えながら弾く

開催日   2019年5月17日

出 席   6名

 

1.ニューバイエル2の25番頃から「ピアノトレイン曲集1」を併用します。

 

2.暗譜への導入

音楽を感得し、感得した音楽を表現するためには

その曲を充分追求して自分のものにする。

そのためには、暗譜をする。

 

3.音名の拡大

・低音部記号の書き方の指導

・1コ1コ確実を確かめながらふやしてゆく

・高音部譜表の書き取りは中止します

・高音部譜表と低音部譜表が確実に書けるようになったら別々に書き取りをします。

・そして、それができたら大譜表の書き取りをします。

 

4.ポジションの移動

ゲ アのポジション移動

指使いを決めて弾く

 

5.数えながら弾く

「連弾1」のマーチⅠ から弾くと覚えやすい

暗譜するときは耳で暗譜すること

2019年2月定例会

テーマ   聴音指導

開催日   2019年2月15日

出 席   6名

 

テキストP.121~124

◇聴音混乱の処理法

  ①新しく教えた和音をまちがう

      新しい和音をくり返し聴かせる

  ②前に教えた和音をまちがう

      その和音を除いて聴音し、確実になった時

      改めてもう一度、新和音を指導する要領で行う

  ③既習和音までまちがう

      新しい和音を確実に分るようにしてから既習和音をふやしていく

テキストP.124~126

◇和音を弾く

  指使いを注意しながら右手 左手 両手と 先生の言った和音をひく

 

テキストP.126~150

◇短音感の指導

  ○白鍵和音が20こ位になったら行う

  ○和音に含まれた単音を聴かせる

  ○和音に含まれない単音の場合は単音感の確実度をみるだけ

  ○和音と単音の混合聴音

  ○単音発唱は音域にもよるので無理をしない

  ○旋律聴音をするなら関係的な聴き方にならないように